【2020/2/8京都】関西医療情報技師会 第35回勉強会|医療情報技師ができる「働き方改革」への提案 〜RPA(Robotic Process Automation)の利活用は実現可能か〜

Description
<関西医療情報技師会 第35回勉強会>
 
 第1部 医療情報技師ができる「働き方改革」への提案
    ~RPA(Robotic Process Automation)の利活用は実現可能か?~
 第2部 医療情報技師がおさえておくべき診療報酬と医事会計システム

 RPA(Robotic Process Automation)とは、人手の業務をロボットにより自動化する取り組みを表す言葉です。通常業務の中にあるルーチンワーク(定型業務)のミスをなくす目的で、現在、多くの業界で利用され始めています。
 そして、わが国では、様々な業界での「働き方改革」が進められています。
 もちろん、医療業界も例外ではありません。特に医師や看護師の過重労働については、厚生労働省により、診療報酬の改定や時間外労働の規制、あるいは医療専門職の業務範囲の拡大など対応が進められているところです。しかし、根本的な人員不足や、「人力」に依存する業界の体質は根強く残っており、医療現場での「働き方改革」は進んでいないのが現状です。
 そこで当会では、医療現場での「働き方改革」を推進する1つのツールとして、大きな可能性を秘めたRPARobotic Process Automation)に焦点を当てることにしました。
 今回の勉強会では、わが国で既に主力となっている2つのRPAツール(製品)について、それぞれの導入と運用に直接携わっておられるお2人の講師にご登壇いただき、RPAの現状や利用事例についてお話しいただきます。
 また、松下記念病院様から、実際に医療現場でのRPAの活用事例をご報告いただきます。
 そして、RPAと恐らく最も親和性が高いと考えられる医療機関の事務、特に診療報酬に係る業務と、その業務を担う医事会計システムについて、医療情報技師として知っておくべき知識をお話しいただきます。
 RPAとは一体何か、医療情報との関連性はあるのか、実際の医療現場のどのような場面で利用できるのか...などについて、この機会に一緒に学びましょう。

開催日: 2020年2月8日(土)13:30~17:00 (終了後に近隣で懇親会を予定しています)
会 場: キャンパスプラザ京都 第1講義室(定員250名)
主 催: 関西医療情報技師会
後 援: 日本医療情報学会関西支部、関西医療情報処理懇談会KMI、兵庫医療情報研究会
参加費: 会員:1,000円
     非会員:1,500円
     学生:無料
     ※医療情報技師ポイント:3P
懇親会: 京都炭火串焼つじや 京都駅前店 17時30分~ (会費:5,000円)
     
備 考: イベントの詳細はこちらで「いいね」→FaceBookイベント
   :  関西医療情報技師会サイト

第1部 医療情報技師ができる「働き方改革」への提案
~RPA(Robotic Process Automation)の利活用は実現可能か?~

1.RPAツールの紹介(利用事例など)
 1)「NEC Software Robot Solution」
  NEC 関西支社 事業推進部
  プラットフォームソリューション推進グループ シニアエキスパート
   工藤 裕史 氏

 2)「WinActor®」
  ヒューマンリソシア株式会社

  RPA事業本部 西日本RPA営業部 マネジャー
   立原 誠 氏

 3)「松下記念病院でのRPA活用事例」
  松下記念病院 医事課
   西 貴士


第2部 医療情報技師がおさえておくべき診療報酬
 ~2020年度診療報酬改定をふまえて~
  地域医療機能支援機構(JCHO) 大阪病院 医事課
   魚澤 正克

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#510272 2020-01-09 09:52:01
Sat Feb 8, 2020
1:30 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
関西医療情報技師会 会員: ¥1,000
一般・非会員: ¥1,500
学生: 無料

Combini / ATM payment will be closed at the end of Feb 7, 2020.

Venue Address
京都市下京区 西洞院通塩小路下る東塩小路町939 Japan
Organizer
関西医療情報技師会
362 Followers
Attendees
124